こんなに辛いと思わなかった!私の更年期症状と対処法



更年期に関しては40歳になる前から「いつかくるかもしれないから覚悟しておこう」と気にしていました。

そして「もしかしてこれが更年期?」と思い始めたきっかけは過剰なイライラでした。


もともと短気でイライラしやすい性格でしたが、なんでもないようなことでイライラするようになってしまいました。主人がリモコンをテーブルに出しっぱなしにしたとか、ソファで昼寝したとか、普段なら気にもならないことが急にすごく気になりだし「なんなのよ!」と急にカーッと怒りがこみ上げてしまうのです。


あまりにもひどいので「もしかしたらこれが更年期かも」と思っていると、次にきたのが激しい頭痛でした。これも元々頭痛持ちだったのでまさか、と思いましたが薬を飲んでも数週間ずっと治らない状態が続いたのです。


あまりにも辛くて婦人科を受診しました。血液検査の結果やはり更年期に差し掛かっているようでした。


医師からホルモン補充療法の説明を受け、詳しく書かれた冊子をもらい「良く考えて対処していきましょう」とその日は帰されました。


自宅で冊子をじっくりみていると症状も改善されすぐにでもやってもらおう、と思ったのですが少し心配になったのでネットでホルモン補充療法のことを調べてみました。すると乳がんリスクが高まるなど副作用も出てきて躊躇してしまいました。


最近ではそんなことはない、という意見もあり本当のところはよくわからなかったのですがやはり乳がんは怖いのでホルモン補充療法は保留にしました。


そうこうしているうちに今度は肩の異常な張りが出てきました。


首から肩にかけて痛いというより張っている感じで、冷たくなっているような変な感じでした。でもじわじわ痛みが出てきて日中はずっとソファにもたれて動けないくらいでした。


鎮痛薬なども飲みましたが何かないかと探して、更年期に効く漢方の錠剤をダメ元でのんでみることにしました。


するとこれが私に合っていたようで、あんなに治らなかった頭痛が数日ですっきりと治ったのです。肩の張りも楽になりました。


朝昼晩、1日3回なのですが、とりあえず朝だけのんで効いたので1日1回のんでいました。


それが最近、膝や足、腰の痛みが出てきてしまいました。

神経痛のようなズキズキした痛みで、床に座るのも辛い状態でした。頭痛も時々するし、更年期の症状がひどくなったのかもと思いました。


そこで1日1回のんでいた錠剤を1日3回のむようにしたところ、症状が改善されてきたのでしばらくはこれでなんとかしのいでいこうと思っています。


でもこれ以上何か症状が出てきた時には、やはりホルモン補充療法を考えなければいけないのかもしれません。


ニキビを改善は刺激の少ないスキンケア&汚い老廃物を出すことトップへ